lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BAND-MAID「インストWithout Holding Back 感想」

未だ、音源化されていないインスト曲「Without Holding Back」の動画が上がっていたので、とりあえず20回ほど聴いて見たw(おそらくソッコーで削除されるので今のうち)

 

自分はこないだの「冥途乃日」で初めて聴いたのだが、「On-set」がちょっとフュージョンぽいのに対して、こっちはモロ、ゴリゴリのゴリッゴリだわ(語彙・・)

曲の完成度は「On-set」に軍配があがるが、自分はこっちの方が好み。カッコええ!

 

しかし曲が短いなー。3分30秒ほどしかない。

 

インストに限らず、バンメの曲は、どれも大体3分台で短いんだよな。何でだろう?海外のリアクターも、しょっちゅう「曲が短い」「もっとソロパートを長く聴きたい」って言ってるわ。

 

まあ、これも「ロックを聴いて育ったメンバーが居ない」からなのかもしれないな。普通ロックバンドのインストっちゅーと、ある種の「いい加減さ」というか、アドリブに近い「ゆるさ」があるわ。その日の気分で、どう展開するかわからないっていうか、観客のノリや、演者のモチベーションで、曲の長さが決まる、、みたいな。

 

対して、バンメの場合は「完成されたインスト」だわな。アドリブがない代わりに、曲の完成度で満足させる、って感じだろうか?

 

しかし、今後はもっと長尺の曲も聴きたいぞ!Xみたいに30分の曲とは言わないが、せめて6〜8分の曲が欲しい!

 

下手なバンドだと、インストは、ともすると演者の自己満足というか、「テクニック凄いのはわかるけど、やっぱボーカルないとツマンネ・・」「早く曲始まんねーかなー」と退屈してしまうのだが、バンメの場合は、その反対。インストこそがお給仕の「華」であり、最大の見せ場の1つである。

 

youtubeにアップされたファンカムでも、再生回数が多いのは「On-set」だし、みさとみんちょのベースVSギターバトルも、軒並みリアクターに取り上げられている。

インストがこれだけ大人気なのだから、そろそろ1曲ぐらい、公式に動画をアップしてもいいと思うんだが・・。耳の超えたロックファンが多い、海外進出に力を入れるなら、むしろ”必須”じゃないだろうか?予算をかけて映像を作り込む必要はないし、そのまんまの「ライブ動画」でいいわ。

 

頼みますよ!公式さん!

 

あと、希望を言わせてもらえば、いつか「インストだけのアルバム」を切望!

 

ようつべのコメントで「eargasm」イアガズムってのがあったけど、うまい表現だわ♩永遠に聴いてられる・・・