lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BAND-MAID「なぜバンドメイドのリアクション動画が、これほどまでに多いのか?」

世界征服を掲げるBAND-MAID 順調に「侵略」は進んでいるものの、ご主人様増殖のスピードは、海外>>>日本 の様な気がする・・・

その根拠はこの2つ

youtubeのコメントの9割が海外からのもの

・リアクション動画の本数

中でも海外における、BAND-MAID知名度をあげる原動力となっているのが、日に日に増えている「リアクション動画」だと思う

参考までに「バンド名➕リアクション動画」でググってみると・・・

f:id:lovebandmaid:20190214103606p:plain
まあ、規格外のBABYMETALには及ぶべくもないが、メジャーどころのスキャンダルを除けば、かなりいい線行っているのではないだろうか?

しかもBAND-MAIDの場合、3ヶ月に1度MVが発表され、なおかつ捨て曲がないから、リアクション動画のコンテンツには事欠かず、1度リアクション動画に取り上げられると、次々に増えていくという特徴がある。

いまや、公式MVに対するリアクションだけでなく、シングル購入特典のお給仕動画(違法UPロード)に対するリアクションやら、ファンカムへのリアクションまである。

 

なぜBAND-MAIDがこれほどまでにユーチューバーに取り上げられるのか?その理由は3つある

 ・サムネのインパクト(メイド服の見た目でクリック数が上がる)

・ゴリゴリのハードロックとのギャップ萌え(リアクションしやすい)

・取り上げるネタ(コンテンツ)に事欠かない

 

つまり、日々再生回数が見込める「ネタ」を探しているユーチューバーにとって、BAND-MAIDはまさに「オイシイコンテンツ」となっているのだな この調子で行けば、BAND-MAIDのリアクション動画がぶっちぎり1位になる日もそう遠くない様に思う。

 

面白いのは、初めは「何だこりゃ?」みたいに仕方なく見始めたユーチューバーが、どんどん動画に引き込まれ、最後には驚き&賞賛に変化する所。中にはガチでバンメご主人様になって、海外のワンマンお給仕にも参加する人もいる。

 

先日のOla Englundの様に、ある程度有名どころのユーチューバーともなれば、数10万人のチャンネル登録者がいるので、バンメの知名度アップには絶大なる影響力があるわ

 

次のワールドツアーの規模が気になるなー 発売1週間で2箇所ともSOLD OUTしたアメリカでは特にキャパを大きくしてもらいたいが・・・・