lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BAND-MAID「バンドメイドの守・破・離」

www.youtube.com

「ORDER」 の動画 見つけた

久々に聴いたけど、やっぱ名曲だな〜

「Brand New MAID」の購入特典DVDのものの様だ ただしライブ音源ではなく、お給仕動画にスタジオ音源を被せてある

確か「ORDER」は「Thrill」の第2弾として創られた曲だったはず・・

残念ながら「Thrill」ほどの人気曲とはならなかったが、グルーヴィーなリフが非常に魅力的な楽曲だ

 

自分は外部作家によるものとはいえ「Brand New MAID」が、かなり好きなのだが、その理由は、クラシックロックの匂いがすることと、ミドルテンポで楽器隊の音がしっかり聴こえるところだ 

 

自分が思う、BAND-MAIDのシンプルさとは「start over」のようなPOP路線ではなく「ORDER」のように、リズム隊の重低音をストレートに活かしたもの、の方が実に

しっくりくるな・・

 

ところで、物事を習得していく手順を表す言葉に「守・破・離」という言葉があるわな

初めは習った通りにやり(守)慣れてきたら、自分なりにアレンジを加え(破)熟練したら、自分のオリジナルな手法を編み出す(離)

 

 

  • 守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前 ~ 自律的に作業を遂行できる1人前)
  • 破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)
  • 離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)wiki

 

BAND-MAIDをこれに当てはめるなら、外部作家による「New Beginning」「Brand New MAID」で、クラシックロックの基本の型を学び(守)「Just Bring It」「WORLD DOMINATION」で自分たちなりのアレンジを加えたハードロックを確立(破)てな感じになるだろうか?

 

小鳩によれば、外部作家による楽曲を演奏していた最初の2年間は、自分たちの曲がなかなか「大人たち」に採用してもらえず、結構ツライ時期だったそうだ。しかし、その2年間で、しっかりとロックの定型を学んだことで「WORLD DOMINATION」のような、名曲揃いのアルバムを生み出せたのだ、とすれば「大人たち」の判断は、案外正しかったのかもしれない

 

最近のバンメは、以前のように音を重ねて重ねて、ゴリゴリアレンジで音の厚みを増す方向から、あえてギターソロを無くしてみたり、意図的に音を抜くようになってきている。

「Glory」ではサンバのリズムを取り入れ、「Bubble」では、クラシックロックテイストの素晴らしいキャッチーなリフを創り出した。みんちょの楽曲の作り方、考え方にも新しい変化が現れ始めている。

並みのバンドなら、自分達らしいサウンドを確立するのに、10年ぐらいはかかると思う。しかし、そこは異常に成長の早いBAND-MAIDのこと。

ひょっとすると、そろそろ(離)に入り始めているのではないだろうか?

f:id:lovebandmaid:20190206193627p:plain

 

ズバリ!次のアルバムはかなり意表をつく様なものになるような気もする・・