lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BAND-MAID「”start over” 海外ご主人様の反応は?」

3rdシングル「start over」MVは2018/7/16 11:03現在で、284749回と、かなり早いペースで再生されている

 

BAND-MAIDとしては、かなりPOPよりの楽曲とあって、未だyoutubeコメント欄では、議論が繰り広げられてるわ 「start over」に関しては、日本のご主人様の間では、比較的冷静&良い反応が多いのに対し、海外ご主人様の間では、やはりというか、ハッキリと拒否反応を示す人も結構いるようだ

 

▶︎youtubeコメント欄の反応を拾ってみた 

→肯定的な反応

「好きなタイプの音楽ではないけど、これはすごくいいよ。気に入ったよ。 今回はソフトロック、次はどんなタイプの音楽がくるんだろう? バンドメイドの挑戦を続けてくれ! saikiは、歌の終わりに ' ‘i dont give a fuck again’って言ってる?」

 

「すごくいい!MADE IN JAPANからの彼女たちの変遷を考えても、 今までのスタイルからは、かなり大きな変化だね。新しいことを試して見てもいいと思うけどね。僕にとっては、 まったく違うものを聞けるのは、素晴らしいことだよ。

シングルのB面は、ファンが聞き慣れているハードなものなので、「start over」のPOP路線が、BAND-MAIDがこれから進む方向性になるとは思わない。 特に「WORLD DOMINATION」のアルバムを出したばかりだしね。

一部のファンが、これに拒否反応を示すことはわかるし、それはあなたの勝手だよ。裏切り(音楽性の変化)を非難する人、レーベルを批判する人が、どう思おうと、BAND-MAIDのメンバーは、常に色々なジャンルの音楽に興味を示している。

あるインタビューの中で、彩姫はR&Bの楽曲を選んでいるし、ミクは演歌を選んだ。彼女たちがどんな音楽を作るかは彼女たちの自由だよ。」

 

「サンキューBAND-MAID! 最高の楽曲だ!私はあなたがたが絶えず新しい音楽を試しているのが好きです。 あくまで個人的な意見だけど、まだバンドメイドの曲で嫌いな曲は一曲もないよ(ちなみに私はすべてのアルバムを持っている) オーストラリアからたくさんの愛を送ります(音楽は言語の壁を超える)」

 

「全ての曲がヘビーである必要はないよ。アーティストとして、今までと違った新しいことを表現するときにはね。あなたたちが、違ったことに挑戦して、いい結果を出してくれたことが嬉しいよ」

 

「新しいメイドの服のようにメロウな曲。彼女たちは、ライブで特に、このタイプの歌が必要であることを理解したたんじゃないかな。 ロック・アンド・ロール・ソングをノンストップで演奏するのは、非常に疲れるからね。 ソフトではあるが、また素晴らしい曲..」

 

「バンドメイドは、ソフトな曲をリリースした、誰もがこれまじか?と正気を疑った・・hahaha、OMG、ファンはますます大騒ぎしています。 彼らはヘビーな楽曲をあきらめていません...ヘビーな楽曲だけのバンドはありません。」

 

「62歳の音楽愛好家。 私はそれをすべて見てきました、5人の日本の女性(BAND-MAID)が物議を醸しています。。 彼女たちは、Babymetalを通じて、1年前に私の注目を集めました。私は彼らの音楽が本当に好きです。 私は彼女たちが成功することを祈っています。応援してます」

 

→ネガティブな反応

「これは好きじゃない。ソフトすぎるし、個人的な意見だけど、これまでの彼女たちが作った素晴らしい曲とは違う。違ったことに挑戦する姿勢は応援したいけど、この方向性は支持しない。もう一つの楽曲、screamingが良い曲だといいな。ウルグアイからでした」

「何だこれは?これはBAND-MAIDじゃない・・ハードロックはどこにいった?」

BAND-MAIDよ!どうかDICEのようなハードロック路線に戻ってください!」

BAND-MAIDの大ファンだが、この曲は彼女たちっぽくない。私は彼女たちの他の全ての曲を愛してる」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・抜粋ここまで

「気に入った!」「この曲いい!」と熱烈に歓迎しているご主人様もいますが、肯定的な反応を示す人は、「まあ、たまにはこんな曲があってもいいよね」と、BAND-MAIDの楽曲全体とのバランスを考えてる感じです。冷静なコメントが多かった。

 

その一方、批判的なコメントを残しているご主人様は、「何だこれは!」「こんなのBAND-MAIDじゃない」「もっとヘヴィーな曲が聴きたいんだ!」みたいなコメントがほとんどで、ほぼ発狂状態(爆)でしたわ・・

 

まあ海外のご主人様の場合、どうしても日本に比べて情報源が限られてしまうから、彼女たちの狙いというか、真意を読み取れずに、余計にストレートに反応してるね。特に海外の場合は、純粋なハードロック/メタルファンが、BAND-MAIDのファンには多いから「この曲は到底受け入れられん!!!」となるようで・・・笑

 

メンバーそれぞれの音楽ルーツが、演歌、R&B、歌謡曲・・などで、バラバラであり、ロックだけを聴いて育っているメンバーがほぼいないことを知っていれば、今回の「Start over」には全く驚かないんだがな・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(蛇足)

お盟主様の会・・落選してしもうた・・orz  テンションだだ下がりだわー、こうなったら何とかして女性限定お給仕に潜入し・・(無理w)

 

落選者のご主人様のために、動画配信してもらいたいが、グダグダな運営には・・無理だろうな

 

当選したラッキーなご主人様には、是非ともレポをお願いしたい・・