lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BAND-MAID「おまじないタイム、いる?いらない?」

成長著しいBAND-MAID  これに異論はないだろう

 

御給仕を重ねるごとに、楽器隊、ボーカル共にパフォーマンスが進化している

 

となると今後「おまじない」をどうするか?

 

ぶっちゃけ「おまじないタイムいらない」あるいは「おまじないが苦手」といったご主人様は結構いるように思うんだな

 

かくいう自分も「おまじない苦手派」である(爆)

 

とはいえ、おまじないのメリットもある

 

 ファンとのコール&レスポンス(一体感)

 メイド文化を体験(メイドコンセプトを伝える)

 休憩タイム(メンバー及びファン)

 

ファンとのコール&レスポンスという点からすると、海外ご主人様とのコミュニケーションには、かなり「萌えキュンコール」は役立っているような気がする

日本語がわからない分、萌えキュンコールで小鳩とやりとりできるのが楽しいのかもしれんな。

 

日本のご主人様は「楽しみつつも、どこか気恥ずかしい」というのが本音じゃないかな?

 

デメリットとしては、ともすれば御給仕の流れが「おまじない」でぶった切られてしまうというか、「唐突感」を感じること。限られたMCの時間が「萌えキュン」だけにとられてしまい、告知や他のメンバーの話が聴けないこと。

 

(先日も小鳩が萌えキュンコールに夢中なあまり、大事な告知を忘れておったなw)

 

2/14には「WORLD DOMINATUON」を立ち上げ、BAND-MAIDの第2章が幕を開ける

 

であるなら「おまじないタイム」にも、そろそろバージョンアップが必要だと思うが、 どう思う?

 

 自分としては「アンコールの代わりに”おまじない”を御給仕のラストに持ってくる」というのを提案したい

 

ラストであれば、メンバー全員で前に出てくることも可能だろう。ラストに思いっきり「萌えキュンコール」を叫んで終わるのだ!

 

これなら中盤にMCをしっかりやれるし、ラストは大盛り上がりで終われること必須だ!

 

・・・まあ、こんな事を心配しなくとも、いずれ彩ちゃんがくるっぽに何かしらの

「ご指導」をしそうではある(爆!)