lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BAND-MAID「2017年振り返り My BAND-MAID 3大ニュース」

2017年ももう終わり・・ということで、BAND-MAIDの自分的3大トピックを振り帰ってみる

 

あくまで自分にとって・・なので異論は各々おありでしょうが、カンベンなw

 

3位 「Choose me / Daydreaming」

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/fans-contents/resources/004/144/854/processed_media/4144854-CRCP10376_L.png?1495778109

このシングルがリリースされたのは、7月18日、つまりサマーソニックやらの夏フェスで初見ファンを増やす絶好のタイミングで発表された

 

それを意識してか「Choose me」は従来のハード感を抑え、POPで聴きやすいナンバーとなっており、当初既存のファンからは困惑の声も聞かれた(自分もw)

 

しかし、結果としてyoutube再生回数も順調に伸び、今やBAND-MAIDを代表する一曲となった。

 

バンドにしろアイドルにしろ、ファンがググ〜と増えるタイミングには、ある種の「POPさ=わかりやすさ」は必須なのだろう 既存のファンから異論が出たということは、言い換えれば新しいファン層を開拓したとも言えるわけで、この楽曲によって、BAND-MAIDメジャー化への第一歩が静かに始まったのだと思う。

 

BAND-MAID初のバラード「Daydreaming」とのカップリングも良かった(Daydreamingは個人的にはバンメで1、2位を争う名曲だと思う)もう1つの「Play」はゴリゴリハードな楽曲で、BAND-MAIDが誇る楽器隊のヘヴィーなサウンドが堪能できる楽曲となっており、このシングルに収録されている3曲を聴くだけで、BAND-MAIDの多彩な才能を感じられる大変お得なシングルとなっている

(※初見の人にはまずはこの3曲を聴いてもらいたい)

 

「Thrill」で新しい扉が開いたように、この「Choose me/Daydreaming」も新しい局面を開いた楽曲ではないだろうか?

 

2位「新木場コースト御給仕」

https://pbs.twimg.com/media/DQWbIV4V4AAVuan.jpg:large

今振り返っても11/24 新木場コーストの御給仕は特別だったと思う。言葉で説明するのは難しいが、とにかく「楽器隊」「彩ちゃんのボーカル」「セトリ」「舞台装置」・・全てがこちらの予想をはるかに超えた特別なパフォーマンスだった。

 

何というかステージと観客との一体感がハンパじゃなかった。あの場にいた誰もがそれを感じられたと思う。バンメの場合は捨て曲がないため、どの御給仕に行っても必ず満足感は得られるのだが、それにしても新木場は本当にすごかった。

 

カメラが何台も入り、映像化されるため失敗が許されないという緊張感がメンバーに良い影響を与えたのかもしれない、が、それを差し引いても、新木場の御給仕は現時点でのBAND-MAIDの集大成だったと思う。

 

(ちなみに自分は新木場以来、公式MVを殆ど再生しなくなってしまった。最早ライブじゃないと満足できなくなってしまったのだ・・チト困る・・)

 

1位 彩ちゃん、ポリープから覚醒す

f:id:lovebandmaid:20171231162624p:plain

本来なら「WORLD DOMINATION」世界征服宣言を1位をするべきかもしれないが、なぜここで「彩ちゃん」なのかと言えば、「WORLD DOMINATION」を成功させるには、何よりかにより「ヴォーカル彩姫の覚醒」が絶対必要条件だったからだ

ここでいう覚醒とは、2つある

 

・ヴォーカルの進化

・ヤル気(パフォーマンス)

 

2016までのファンカムを見ればわかるが、声質は申し分ないものの、彩ちゃんのヴォーカルは時としてひどかった・・・特に高音の発声に難があり、クールなキャラがヤル気のなさに見えてしまう時もあった。今だから言えるがポリープ手術と聴いた時には、「ああ・・やっぱり・・」と感じたものだった。

 

ところが!「まさに災い転じて福となす」で、まさかここからBAND-MAIDの快進撃が始まるとは!!

 

今や高音の伸びやかさは申し分なく、パフォーマンスにも熱が入ったようにアツイ

無表情でクールな彩姫は一体どこへ??

 

そう、ハードロックに格好よさというクールさは必要だが、醒めているという意味でのクールさはいらない ヴォーカルのヤル気や熱量は観客にそのまま伝わってしまうのだから

 

ただ一つの懸念であったヴォーカルの弱さが払拭されたのだから、もはやバンメに弱点などないのですよ!!あとはこれを熟成させていけば「怖いもんなし」

 

 

(雑感)

 ・・以上手前勝手な3大トピックでした。いかがでしたでしょうか?

 

何だかもう3年ぐらいはBAND-MAIDのファンをやっているような気もするが、ブログ開設からたったの8ヶ月しか経っていないという爆

 

まさか1年も経たずして、これほどまでにBAND-MAIDが成長してくれるとは思わなんだ!!嬉しい驚きでした

 

そもそもこのブログを始めたきっかけは、BAND-MAIDのことを色々調べようと思っても、バンメ専門のブログが殆ど見つからなかったので、仕方なく自分で始めたという・・笑

 

始めのうちは期待や心配が入り混じり、怒涛のようにブログ記事をUPしていましたが、今やファンも着実に増え、BAND-MAIDの未来には何の心配もないように思います。

 

こんな駄文ばかりの個人ブログに訪問してくださった方ありがとうございました

 

2018年 もはやご主人様、お嬢様には楽しみしかありませんな♬

 

良いお年をお迎えください♬