lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BARKS による「BAND-MAID Choose me インタビュー」③

わがままで自己中なんだけど不器用な女のコ
■展開が多い曲なので歌も表情を変えています

──「Daydreaming」に対して「Choose me」はBAND-MAIDらしいアッパーチューンで、お給仕で演奏している姿が浮かんできます。

小鳩:「Choose me」のほうは「今のBAND-MAIDの代表曲と言えるぐらい印象的な曲にしたいね」って。“これがBAND-MAIDだ!”って言える成長版みたいな曲を KANAMIに作ってもらったっぽね?

KANAMI:BAND-MAIDらしい曲を意識して作った曲ですね。

小鳩:歌詞も「Daydreaming」とは真逆な恋心というか、BAND-MAIDの強さを全面に出した内容にしたくて、わがままで自己中なんだけど不器用な女のコをイメージして書きましたっぽ。特にサビのメロディがリフレインするところは印象的な言葉にしたかったのでサイちゃんに「どういう歌詞がいいと思う?」って相談したら、 KANAMIのデモに入っていた“なんちゃって英語”が“愛こそは”って聞こえるって。

彩姫:そう、そう。

小鳩:もともとサイちゃんは「愛してるとか歌いたくない」って言ってたんだっぽ。なので、直接的な言い方は避けてきたんですけど、「もう大丈夫になったんだっぽ」って思って、そのまんま“愛こそはね”って書きましたっぽ。覚えやすいのでご主人様、お嬢様もカラオケで歌いやすいかなって。

──“愛こそはね 目に見えない幻想”ってすごいフレーズだなって。

小鳩:ありがとうございますっぽ。サイちゃんが愛の定義みたいな歌詞にすればいいって言ってくれたので、この曲の女のコの愛に対する考え方を書こうかなと思ったっぽ。

──タイトルからして“私を選んで”ですもんね。

小鳩:はい。でも、愛し方が不器用なんだろうなって。

KANAMI:「Daydreaming」の制作にかなり時間を費やしてしまったので、いつもはドラムもベースも打ち込んでいくんですけど、この曲はコードとメロディだけデータで送って、まるっとメンバーに投げさせてもらったんです。上がってきたものを聴いて「こういう感じになるんだな」って勉強になりました。

▲KANAMI(G)

──ということは、より個々のカラーが出ているんですね。

KANAMI:そうですね。

MISA:どストレートなベースラインにしました。落とすところは落とすけど、基本、シンプルでカッコいいみたいな。ユニゾンするところとかね。

KANAMI:そう。MISAにここはギターとユニゾンしてほしいって言った箇所があったんだけど、ギターなら弾けるフレーズもベースはまた違うから大変だったんだよね。

MISA:そう。フレーズが難しくてかなり練習しました。

AKANE:ドラムはメロディだけを聴いて考えたから、Aメロもサビもメロディを邪魔しないように。前のアルバムからバスドラを入れがちになってたんですけど、シンプルな8ビートにしました。

──リズム隊はシンプルでグルーヴ重視?

AKANE:そうですね。でも、派手さは残したいからサビにかけてのフィルはガーッといくような感じにしました。

小鳩:1番はサイちゃんのヴォーカルを強く押し出したかったのでコーラスは入っていないんですけど、キラキラ感は出したかったので、基本、下ハモで歌って、サビは浮遊した感じを意識して。ずっと伸ばしているコーラスがあったり、2人ならではの面白さも取り入れています。

彩姫:「わかってほしい!」みたいな歌詞なのでノリやすかったですね。展開が多い曲なので歌も表情を変えています。早くお給仕で歌いたい曲。

インタビュ−4へ続く

 

元記事はこちら

www.barks.jp