lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BARKS による「BAND-MAID Choose me インタビュー」②

これからのお給仕で大事なポイントになる曲
■撮影場所は台湾の造船所跡なんですっぽ

──緩急がある曲なので演奏も難しいと思うんですが、こだわったところは?

MISA(B):「Daydreaming」で意識しているのは歌とドラムです。主張し過ぎないように後ノリで右手は優しく弾いていますね。私ももともとバラードが好きなので、初めて聴いた時にすぐにベースラインが浮かびました。

──リズム隊のアンサンブルもカッコいいですものね。

MISA:ありがとうございます。

AKANE(Dr):今、MISAがドラムを聴いてくれたって言っていましたけど、私もこの曲に関してはベースを意識しているんです。ベタベタになりすぎないように気をつけながら曲の土台を重めにリズム隊で作っていきました。とは言え、Aメロはすごくタイトなので、重めなところとバランスを整えるよう気をつけて叩いています。スネアをバシーンって一発叩くのにも音を抑えるリングミュートを初めて使ったり、音作りにはこだわりましたね。

──後半にいくに従って激しくなる展開ですものね。

AKANE:盛り上がっていきますからね。イントロやギターソロはシンバルで勢いを出してキラキラした音色にしたり、シビアに取り組みました。

▲MISA(B)

──ギターソロは入り方からして「キターッ」って感じでカッコいい。

KANAMI:ギターは曲の前半はメロディアスで切ない感じのフレーズにして、AメロとBメロは落ち着いた感じを出しつつ、キラキラさせたくて、トロピカルハウスの要素をBAND-MAID風にアレンジして入れています。ギターソロに関しては感情というか、情熱、切なさを表現しました。BAND-MAIDクリーントーンをあまり使わないバンドで、今までこんなにクリーントーンで弾くことがなかったので、アンプのヘッドを3〜4台変えて試しました。レコーディングでは2台ぐらい使いましたね。

小鳩:ギターはバッキングを弾いているんですけど、KANAMIと絡む2Bのフレーズが個人的に大好きです。コーラスに関してはもともと考えていたメロディをレコーディング当日に「こっちのほうがいいかも」って浮遊感のある別のメロに変えてゴージャスさを出したりしましたっぽ。小鳩ひとりで“Daydreaming”って歌っている箇所はお給仕の時にご主人様、お嬢様に一緒に口ずさんでもらえたらいいなと思って歌いましたっぽ。

──ヴォーカルに関して、こだわったところは?

彩姫:「Daydreaming」は最初から歌メロが好きで何回も聴いていたというのもあるんですけど、感情が乗せやすくて、伸び伸びと好きなように歌いました。要所、要所、歌詞の意味もふくめて自分がアクセントをつけたいところは相談しながらレコーディングしましたね。

──BAND-MAIDの新境地のバラードといっていいのかな。

彩姫:そうですね。去年初めて全国ツアー、ワールドツアーを経験して、その刺激から生まれた曲だと思うので、これからのお給仕で大事なポイントになる曲だと思います。

▲AKANE(Dr)

──ミュージックビデオは台湾ロケだそうですが、撮影のために台湾に?

小鳩:そうですっぽ。“白昼夢”の雰囲気に合うような廃墟で撮影したかったんです。もともとBAND-MAID、廃墟で撮ってみたかったんですっぽよ。

──もしかして廃墟マニアなんですか?(笑)。

彩姫:廃墟にメイドいたら変だよね、みたいな(笑)。

小鳩:ギャップが生まれる場所で撮りたくて探したんですけど、なかなか、しっくりくる場所がなくて大変だったっぽ。この撮影場所は台湾の造船所跡なんですっぽ。

彩姫:台湾は街中も一昔前の日本みたいで、異世界みたいなムードがあるんですよ。

小鳩:色鮮やかな感じも独特なので、メイドとのギャップが“白昼夢の蜃気楼”みたいに感じられるかなと思いましたっぽ。

彩姫:天気が悪かったのも逆に良かったね。

小鳩:そう。小雨が降ってたんですけど、霧がかかった感じが自然の加工効果を出してくれましたっぽ。

インタビュ−3へ続く

元記事はこちら

www.barks.jp