lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BAND-MAID新譜「Choose me」レビュー

「Choose me」

 

とりあえず20回ほど聴いてみた感想

 

・楽曲のレベル 「Day dreaming」の完成度を⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️5つとすると、、

        「Choose me」は⭐️⭐️2つってとこかな?

 

サウンド的にはところどころ面白い部分もあるけど、いかんせん軽すぎだな

 

残念だが両A面どころか、まさにB面にふさわしいレベル・・

 

悪い曲ではないんだけど、これはいわゆるアルバムの捨て曲ですわ・・

 

ヨウツベのコメントは概ね好評の様だけど、中には自分同様ハード感が足りない、BAND-MAIDに求めているのはこういうのじゃない、これなら他のガールズバンドと変わらないよ、、という意見もあった

 

まあ要するに好みの問題だね

 

最も欲しいハードなサウンドは終わり近くの3:26にようやく聴けた、、orz

 

アレンジ次第ではもっと良くできそうな楽曲なので仕上がりが残念

 

まあ、今まで捨て曲が一曲もなかったというのが奇跡だったわけで、こういうこともあるわな

 

自分の場合はただでさえ公式MV曲よりアルバム収録曲の方に好みの曲がたくさんあるので、皆さまのご意見とはそもそも合わない

 

正直「matchless GUM」「Unfair game 」の方が100倍好みである

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 新MV「Choose me」公開&ワールドツアー日程発表!

www.youtube.com

「Daydreaming」とのカップリング 両A面のもう一つの曲「Choose me」のMVが発表された

 

「Daydreaming」がロックバラードだったから、ゴリゴリハードに来るかと思いきや意外にソフトで軽い印象。

 

ただしBAND-MAIDの楽曲は初見では「?」となっても後からジワジワ来ることが多いからレビューは後日に改める

 

んで、ワールドツアーの日程

 

BAND-MAID 海外ワンマンお給仕ツアー

2017/11/03(金) イギリス・ロンドン:O₂ Academy Islington キャパ約800人

2017/11/04(土) フランス・パリ: La Boule Noire
2017/11/05(日) ドイツ・ボーフム:Zeche キャパ: 1,000

2017/11/08(水) ドイツ・ベルリン:Bi Nuu キャパ:500
2017/11/09(木) ドイツ・ミュンヘン:Backstage キャパ:800
2017/11/12(日) スペイン・バルセロナ:Salamandra キャパ 500~850
and more...

 

ドイツが3箇所か

キャパをざっくり調べた限りだと800~1000人程度のキャパが多い様だ。前回より若干広めの会場なのかな?

 

今回はBAND-MAID初見の人より2度目のファンが多いだろうから反応がまた楽しみだな

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAIDにいつか演奏してほしい曲②AC/DC

どれも名曲すぎてもはや説明は不要だろう

これをBAND-MAIDで見たいなあ・・(クラシックロックナイトとかやってくれんかな?)

 

AC/DC - Back In Black

www.youtube.com

AC/DC - Whole Lotta Rosie

www.youtube.com

AC/DC - Highway to Hell

www.youtube.com

しっかしすごいライブだな いつかBAND-MAIDでこういう風景を見たいものだ

広告を非表示にする

BAND-MAIDにいつか演奏してほしい曲 Deep Purple

絶対に実現しないだろうが、BAND-MAIDで丸ごとディープパープルやクラシックロックの御給仕(ライブ)なんぞがあったら、絶対にみたいな!!!

 

自分はインディーズ時代を知らないのでわからないのだが、昔は演ってたのかな?

 

今回茜のバトンミュージックの中にディープパープルの『Highway Star』があり、久々に聴いたのだが、ディープパープルの曲はどれもこれもBAND-MAIDにぴったりではないか!!

 

特に聴きたいのがこの2曲

Burn

www.youtube.com

2:18からのギターソロを歌波で聴けたら、、悶絶するな!!茜のドラムも最高だろうな!!

Smoke on the Water

www.youtube.com

 

イントロのギターリフが最っこうだな!!これを歌波で。。(以下略)

 

ふ〜、興奮してしまった!!

 

しかし昔のロックは本当に最高だな!!

ロックの良いものは80年代に出尽くしてしまったのかもしれん・・

 

昭和生まれの自分は贅沢なことに、ディープパープルやクィーン、ロッドスチュワートなんぞを小学生時代にラジオで聴いて育ったものなのだ

 

今のように情報がたくさんなかったから、小林克哉の「ベストヒットUSA」を食い入るように見ていたっけ

 

思えば逆に恵まれていたのかもしれないな

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 茜が後世に残したい曲は・・・

マキシマムザホルモン『F』

www.youtube.com

「ドラムのナヲさんに憧れてドラムを始めたぐらい、私が一番強く影響を受けたバンドです。この音圧とフレーズを女性が叩いてると知った時は衝撃でした。皆様にも衝撃を受けて頂きたいです!(AKANEchoice)」

 

Deep Purple『Highway Star』

www.youtube.com

「サポートミュージシャンとして活動していた頃に、一番多くステージに立って演奏していた曲なので、私の思い出の曲です。疾走感が気持ち良く、自然と元気が出ます!(AKANEchoice)」

 

元記事はコチラ

 

2曲とも納得のチョイス BAND-MAIDの重低音を支える茜のドラムのルーツがわかる

マキシマムザホルモンに影響を受けていることは知っていたが、2曲めにディープパープルを持ってくるのはさすが!!!

 

こうしてメンバーの嗜好を知ると

 

・小鳩ミク 「天童よしみ」「MIYAVI」

・彩姫  「デヴィッドボウイ」「バンクス」

・歌波「カルロス・サンタナ」「ラリー・カールトン

・ミサ「Beck

・茜「マキシムザホルモン」「ディープパープル」

 

なるほど 

 

・歌波 & 茜   → クラシックロック 泣きのギターソロ に 

・小鳩 のユニークな感性が➕ されて

・ミサが渋めのベースラインで支えて

・彩姫がクールに歌い上げる

 

まさに今のBAND-MAIDが仕上がるわけだ 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID ミサが後世に残したい曲は・・

Beck『Dark Star』

www.youtube.com

「いつ聴いてもめっちゃアングラな所で飲んでる気分になれる(MISAchoice)」

 

元記事はコチラ

 

実にミサらしいコメントwww

 

アルコールラブなミサならではwww

 

もはや説明不要ww

 

 

 


広告を非表示にする

BAND-MAID 歌波が後世に残したい曲は・・

カルロス・サンタナ『Europa』

www.youtube.com

「初めてギターの音で鳥肌がたった一曲。ギターを愛する来世の方にも必ず聴いていただきたいです。私の心の支えであり、癒しの一曲です…(KANAMIchoice)」

ラリー・カールトン『Room335』

www.youtube.com

「晴れた日に散歩しながら聴くと最高にポジティブな気分になります!
やる気が出る一曲!(KANAMIchoice)」

 

元記事はコチラ

 

さすがかなみんちょ!わかっていらっしゃる!!

一曲めのサンタナはまさに「泣きのギター」ですな

 

是非是非BAND-MAIDの今後の楽曲に活かしてもらいたい

 

BAND-MAIDの楽曲のベースラインを作っているのはみんちょなので、この辺のベースは理解しておくと今後のBAND-MAIDの方向性を予測できるのかも・・?

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 彩姫が後世に残したい曲は・・

デヴィッド・ボウイ『Blackstar』

www.youtube.com

「受け継がれるべき曲だと思ったので選びました。一日の始まりに聴いても終わりに聴いてもピッタリな曲だと思うので大好きです。(彩姫choice)」

バンクス『Fuck With Myself』

www.youtube.com

「最近ハマっていて、オススメしたいです。(彩姫choice)」

元記事はこちら

 

・・・彩ちゃんらしいようなそうでないような?

 

確か彩ちゃんは安室奈美恵にかなり影響を受けていると言っていたから、その線でくるかと思いきや、意外や意外、デヴィッドボウイを選ぶあたりセンスがいい

 

2局目のBANKSも前衛的な感じでかっこいい路線ですね

 

安室奈美恵を尊敬していたみたいな発言を聞いた時にはかなりがっかり感があったのだが、ボーカリストとしてはぜひボウイの方を研究してもらいたいな

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 小鳩 ミクが後世に残したい曲はなんと・・

天童よしみ『珍島物語』

www.youtube.com

BAND-MAID メンバーによる「バトンミュージック」のリストが発表された

 

※バトンミュージックとは

「自分のあとを生きる人たちに必ず聴いて欲しい、ずっと残して伝えていきたい大切な音楽を、次の人たちへバトンを渡すように伝えたい

 

んで・・小鳩 ミクの場合

 

天童よしみときた!なんでも

 

「珍島物語は私が初めて覚えた曲でとても思い出の曲ですっぽ。
小さい頃、祖母が通っていた演歌教室に付いて行ったのがきっかけでこの曲を知り覚えましたっぽ。(小鳩ミクchoice)」

 

とのことwやっぱこの子はユニークだね〜

 

もう一曲はMIYAVI まあこの辺のチョイスは現代っ子という感じ

 

「普段からしょっちゅう聞いてる曲ですっぽ。MIYAVIの曲はどれもかっこよくて大好きだけど、このMVを初めて見た時はかっこよすぎて衝撃を受けたっぽ。この曲を聴くと気合いが入るっぽ。(小鳩ミクchoice)」

 

元記事はこちら↓

 

meetia.net

広告を非表示にする

BAND-MAID 1st シングル「愛と情熱のマタドール」を今更ながら聴いてみる・・

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/fans-contents/resources/000/144/395/processed_media/144395-PPRC-0010.png?1431588477

2014/8/12

収録曲

「愛と情熱のマタドール」

「Thrill」

「Summer Drive」

・・・・・・・・・・・・・・

 

BAND-MAIDの記念すべきファーストシングル「愛と情熱のマタドール」は一部のファンの間で結構評価が高いようだ

 

確かに楽曲としてはアルバム「MADE IN JAPAN」のものよりもキャッチーだし、完成度は高いように思う

 

んー、、でも「なし」かな?

 

やっぱり自分の好きなハード感が全くないので・・

 

でもこのシングルにはカップリングで何と「Thrill」が入っているんですよね

 

ということは、この時点ではまだBAND-MAIDの方向性として「ハード路線」は決定事項にはなっていなくて、あくまでPOPな「愛と情熱のマタドール」を前面に押し出していたことになる

 

しかしメンバーの内面では「Thrill」こそ自分たちがやりたいハード路線だ!と感じつつあった時期であると・・・

 

そう考えながら聴いてみるとまた感慨深いものがある

 

しかし1st シングルの時点でカップリング曲とはいえ、早くも自分たちの方向性を決定付ける曲に出会えたというのはめちゃくちゃラッキーだよな

 

殆どのバンドは自分たちのやりたい曲=売れる、ということにはならず、名前を知られることもなく売れずに消えていくわけだから・・

 

ともあれBAND-MAIDのルーツを知るという意味では、「愛と情熱のマタドール」はなかなか面白い楽曲である

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 1st mini album『MAID IN JAPAN』を今更ながら聴いてみる・・

www.youtube.com

2014.1.8リリース

BAND-MAIDが結成されたのが2013/7でその半年後にリリースされたもの

彩ちゃんとミサのメイドコスプレが見られる貴重なアルバムww

ミサはともかく彩ちゃんは結構似合ってるw

 

・・で聴いてみた感想

一言で言えば

「さわやかアイドル路線」

ですな

 

楽曲自体はどれも悪くないけど、いかんせん個性がないのでファンにはならんな

 

17歳くらいのアイドルの清涼飲料水のCMで流れていそうなPOP感

まあこの路線でやってたら売れなくて今頃は解散していたんじゃなかろうか・・

 

歌詞も「勇気」だの「運命の人」だの「君となら踏み出せる」だのとやたら前向きなのが今となっては微笑ましい・・w

 

彩ちゃんがどんな心境でこの楽曲を歌っていたかと思うと面白いな

 

まあこの時期はメンバー同士まだそんなに仲良くなっていなかっただろうし、お互いのキャラや音楽性を手探りで探していた時代なんだろうな

 

この時代の楽曲を今のBAND-MAIDでゴリゴリハードにアレンジして演奏してみたら結構面白いことになるかもしれない

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID クラシックロック好きにオススメの3曲 「Shake that」「 Look at me 」「ORDER」

BAND-MAIDの楽曲にはどことなく古き良き時代のクラシックロックを彷彿とさせる要素がある

 

というわけでオススメの3曲をご紹介

 

いずれも名曲でありながら公式MVは公開されていないのでファンカム映像なのはご勘弁

▶︎Shake That

www.youtube.com

▶︎Look at me

www.youtube.com

▶︎ORDER

www.youtube.com

広告を非表示にする

BAND-MAIDは第2のBABYMETALになれるか?

f:id:lovebandmaid:20170619104653p:plain

この先BAND-MAIDはどこまで売れるのか?

 

ファンならあれこれと考えてしまうわけだが、、

 

自分が思うに今後どれだけブレイクしてもBABYMETALのように5万人アリーナ瞬殺!!みたいなことにはならんと思う

 

なぜならやっぱりハードロックというのはレアな分野であるし、ブレイクするためには一般大衆に支持される「わかりやすさ=POPさ」がどうしても必要になるからだ

 

BAND-MAIDの魅力とはあくまでゴリゴリのハードロックなサウンドにあるわけで、POPなサウンドなど聴きたいファンはいないだろう

 

いやBABYMETALはヘヴィーメタルという分野で売れたじゃないか?という反論があるかもしれない

 

だが、BABYMETALの場合は一般大衆にアピールする「ゆいもあ&すう」という圧倒的にわかりやすいアイコンの存在があるわけで、これが海外のヘヴィメタファンには新鮮に映り、日本においてはアイドルファンをヘヴィメタの世界に引き込んだ所以だろう

 

翻ってBAND-MAIDにはそこまでのアピール力はないし、そこを目指す必要もない

 

音楽に限らずアニメ・映画・ゲームなどもそうだが、ネットが普及しこれだけ情報が氾濫している世界ではひと昔前のように「世界的なスター」は生まれにくい

 

BABYMETALが売れたと言ってもかつてのマイケルジャクソンやマドンナのように世界中の人が楽曲を聴いたことがある、ということにはならないだろう

 

話を戻すが、じゃあBAND-MAIDはどこまで売れるか?と言えば、、、

 

「アリーナ(5万人)はなし、しかし日本武道館(1万人)ならありえる」

 

と思うがあなたはどう思う?

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID「ギターの遠野 歌波(とおのかなみ)は真のロックスターである!!」

https://pbs.twimg.com/profile_images/819168387867635713/Z_zICwZN_400x400.jpg

 

 BAND-MAIDのスターは実はかなみんちょこと、ギターの遠野 歌波(とおのかなみ)ではないか?という思いは、今回御給仕(ライブ)に行ってから確信に変わった

 

音楽には詳しくないので、これはあくまで私見だが、BAND-MAIDの楽曲の特徴&魅力はギターリフにあると思っているので、かなみんちょのプレイが鍵となる

 

無論、ベースのミサやドラムスの茜ががっちりBAND-MAIDのサウンドを支えているのは言うまでもないが、それにしてもかなみの存在感はすごい

 

御給仕でかなみが前に出てくると

「うぉお〜〜〜(待ってました!←野太い声w)」

の盛り上がり

 

かなみ推しの自分などは思わず拝みたくなる・・笑

 

今後はぜひぜひ楽器隊の3人が火花を散らす「インスト曲」それも6分ぐらいの長編でヴォーカルなしの壮大なロックバラードをお願いしたい!!!!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 「小鳩 ミク 好き?嫌い?」

f:id:lovebandmaid:20170619093750p:plain

少数だが「くるっぽー」こと小鳩ミクが嫌いだというコメントを時々見かける

 

その理由はどうやらあの「おまじないタイム」&「鳩設定」にあるらしい

・おまじないタイムいらない シラける

・語尾に「っぽー」をつけるのがイラつく

・鳩設定がうざい

 

ひどいコメントになると「小鳩ミクの存在自体いらない 4人でやれ」みたいなのもあるんだけど、一言言わせてもらうなら、こういうこという奴ははっきり言って「ファンじゃない」し、何にもわかっていない

 

1日も早くBAND-MAIDのファンをやめたほうがいいと思いますよ

 

なぜなら、小鳩ミクとは「BAMD-MAIDのコンセプトを作った張本人」であり、BAND-MAIDの楽曲のほとんどの作詞を手がけているわけだから、あんたの好きな「BAND-MAIDの世界観=小鳩ミクの世界観」であり、小鳩なしのBAND-MAIDというのはありえない

 

試しに小鳩なしの4人のBAND-MAIDを想像してみるといい

 

f:id:lovebandmaid:20170619095045p:plain

 

・・・めちゃ地味じゃないですか?

ごく一部のロックファンには受けるかもしれないけど、小鳩がいなかったら今のようには絶対売れてない。それこそ掃いて捨てるほどいる「演奏力が高くとも売れないバンド」の一つにしかならないだろう。

 

それに小鳩がいなかったら、テレビや雑誌のインタビューは愛想なし&テンション低目の彩ちゃんが引き受けるんだぞ!(あるいはリーダーの茜?)

 

・・やばいだろう笑

 

小鳩の鳩設定は確かにうざい笑 だけど、侮るなかれ 小鳩ミクとはBAND-MAIDのアイコンであり、優秀なプロデューサーでもあるのだよ

 

地味だが実力があり、ゴリゴリのロックバンドなら他にいくらでもいるだろう

どうしても小鳩が嫌いなら、そういうバンドを探せばいい

 

小鳩にイライラしながらBAND-MAIDを聴き続ける必要はないと思いますよ

 

 

広告を非表示にする