lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

80-90年代珠玉のバンド「X」

80-90年代の「X」が実にいい(※JAPANが付く前)

 

TAIJIとHIDEがいた時の「X」が一番いいな。今ほどYOSHIKIが目立ちすぎず、楽器隊の各々の個性がぶつかりあって、バランスがいい。これぞ「ロックバンド」って感じだ。

 

TAIJIがめっちゃくちゃかっこいいわー。センス抜群。(この時期のXでは、一番目立っているかもしれない)奇抜なヘアスタイルや衣装など、初期のXのビジュアルを作っていたのはTAIJIだというから、天才ベースプレイヤーというだけでなく、実に多彩なスタープレイヤーだ。

TOSHIも凄く活き活きしてる。今より声がしゃがれてるが、それが却っていい感じだ。復帰後のTOSHIは、色々なものが削ぎ落とされてしまった感じがする。この頃は観客を全力で煽りに行ってるし、表情も豊かでカッコいい。ある意味、今とは別人。

 

▼Weekend(リフが病みつきになる)Stab me in the Back(YOSHIKIの超絶バスドラが堪能できる)

www.youtube.com

▼Desperate Angel(トシの英語めちゃ下手だけど、そんな事どうでもよくなる程、楽器隊が良い TOSHI作詞/ TAIJI作曲)

www.youtube.com

▼Voiceless Screaming(珍しいアコースティック PATAとTAIJIのギターが泣かせる超名曲 TOSHI作詞/TAIJI作曲)※ベースのTAIJIはギターも上手い

www.youtube.com

▼Rose of Pain(こちらもアコースティック)

www.youtube.com

 良いなと思う曲をピックアップしたら、5曲中2曲が、TOSHI /TAIJIのコンビによるものだったわ。

 

今では、殆どの曲をYOSHIKIが作曲するようになっているから、他のメンバーによる楽曲は貴重だな。YOSHIKIが作る曲は、唯一無二で、壮大な世界観がある。もちろん凄いんだけど、他のメンバーの楽曲もまた取り入れたら、別の”化学反応”が起きて面白いと思う。

 

つくづくバンドとは水物だな。歴史にifはないが、あのままTAIJIが残っていたら、今とは全く違う「XJAPAN」 が出来上がっていただろう。今のXJAPANは、YOSHIKI featuaring TOSHIみたいな感じで、YOSHIKI色が強すぎる。

 

ファンじゃないから、好きに言わせてもらうけど、YOSHIKIの「自分だけ稼いでいくスタイル」はどうもな・・・

 

殆どのバンドの解散理由が「メンバー間の収入格差」である事からすると、TAIJIが主張した、ギャラを5等分に分けて欲しい、という要望は、正しかったと思うがな・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BAND-MAIDは、作詞は小鳩ミク(共作の場合は彩姫も併記)となっているが、作曲はKANAMIではなく「BAND-MAID」となっている。これは実に大事なポイントなのだ。

 

(最近小鳩ミクによる、メディア出演が増えてきているが、嬉しい反面、メンバー間の収入格差が広がるという点においては、ちょっと心配もしている・・)

 

 

 

 

 

 

BAND-MAID「2019/5/10 冥途乃日は対バンなし?スペシャルワンマンお給仕!」

チケット当落でご主人様は、悲喜こもごもだわな

ちなみに自分は「冥土の日」落選したわ・・orz 昭和女子大は当選

まあ、対バンなら曲数も少ないだろうし、しょうがない諦めるか、、と思ったら、サイトにしっかりスペシャルワンマンお給仕」って書いてある!

 

"毎年恒例「冥途乃日」今年はスペシャルワンマンお給仕開催です!"

 

だったらもっと大きいキャパでやってくれー泣

 

平日水曜のクラブチッタのキャパ1300がソールドするんだから、金曜の渋谷o-eastじゃ足りないに決まってるだろうに。それとも何か、この会場を使わなきゃいけない「大人の事情」でもあるのかね?

 

まだソールドアウトしていないのに、昭和音大落選した、というご主人様もいるから、一定数はわざと落としているようだ(何で?)

 「激動」なんだから、もっと勝負してくれよー

 23日からオフィシャル先行でワンチャンがあるとのことだが、当選の可能性はかなり低いわな・・orz

 

落選で落ち込むご主人様を慰めるべく?彩ちゃんはインスタで自身のスニーカー落選画像をアップw ↓

f:id:lovebandmaid:20190321182338p:plain

instagram

そしてみんちょは相変わらず、作曲に精を出しているようだ。新アルバムを心待ちにしてるけど、ハードスケジュールで一番負担がかかるのは、みんちょだろうから、あんまり根をつめないで欲しいな。(水筒がコジコジ

f:id:lovebandmaid:20190321182710p:plain

instagram

ミサは髪のお手入れに精を出す(どこのバンドマン?と思ったら、美容師さんだったwミサのファッションセンスが好きだわー スカジャンが似合ってる)

f:id:lovebandmaid:20190321182933p:plain

instagram

そして小鳩は「光り輝く変態」www 高い企画力、流されない、奇才、、全部当たってるような?例えるならミラーボール?

f:id:lovebandmaid:20190321184755j:plain

一方、あーちゃんは「芸術的で魅力的な個性のカタマリ」自然体、キラキラ、ノリ良し、幸せな脳内ww うさみみが可愛い、愛されキャラだわな

f:id:lovebandmaid:20190321184842j:plain

 

BAND-MAID「小鳩ミクが地上波TV ”THE・GIFT” に出演!」

 小鳩ミクが日本テレビ「THE GIFT」に出演!

「お世話になった方へ、贈り物を選ぶ」という趣旨の番組だ

小鳩が選んだのは・・・

f:id:lovebandmaid:20190319090955p:plain

”兄のような存在のNESMITHさんへ
上京を考えていた時、背中を押してくれた感謝の気持ちを込めて、本体の色を好きなように塗れるフィルムカメラを贈る ” 

f:id:lovebandmaid:20190319095919p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ntv

エグザイルのネスミス氏!

ネスミス氏とは小鳩の地元、熊本からの付き合いだ。ネスミス氏は、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組に、BAND-MAIDをゲストに呼んでくれたり、お給仕に何度も足を運んだりと、上京後も親交を温めている。

 

テレビ見れないよ〜という方は、こちらから見れます(BANDMAID GROOVEさんUPありがとうございます!)

 ▼以前のラジオ出演時の様子はコチラ↓

いつも通り「ぽ」を語尾につけて、話しながら、ネスミス氏へのギフトを選ぶ小鳩。

 

小鳩の「ぽ」を初めて聴いた人の反応を見ると、女性は「小鳩ミクちゃん可愛い」みたいな肯定的なコメントが多い。男性諸氏は、いつものごとく「?」となったようで(笑)思いっきり「しゃべんな!」とか、拒否反応を示す人もいたわ(爆)

 

この辺、マーケ的にどうなの?と思うが、、まあ、メンバーやマネジャーの反対を押し切ってまで小鳩がやりたいというのなら、やればいい。BAND-MAIDの音楽性はいいと思うんだけど、小鳩(鳩設定)がねえ・・という人は、そもそも小鳩ミクの凄さがわかっていない。

 

BAND-MAIDのお給仕で、爆音を浴びるには、さらなる「おまじないタイム」という"洗礼"が待っているのだから、鳩設定でつまづく人は耐えられまいw 

 

素晴らしいものを手に入れるには、それなりのハードルがあるのだよ。

 

以前にも紹介した、海外ご主人様の珠玉の一言

 

Band maid is Miku. (BAND-MAID=小鳩ミクです)
No Miku, no Band maid.(ミクなしにBAND-MAIDは存在しない)"