lovebandmaid’s blog

メイドとバンドのガチロック「BAND-MAID」のファンブログ 

BAND-MAID 「ワールドツアー ドイツ御給仕へのご主人様の反応は?」

ボーフム御給仕動画への反応を拾ってみた ↓

(※google翻訳のため、意訳です ご了承ください)

 

「4曲めの”モラトリアム”が最高だ!彼女たちが作る楽曲はどんどん複雑で挑戦的になっている。彼女たちは若いのにみんな才能に溢れているよ!」

 

「19曲目と20曲目の間の演奏が好きだ!(Playの前のベースソロ〜ギターソロ)

それと「Play」でのミクの掛け声も良かった!ベースは激しくロックしていた!」

 

「彼女たちはどんどん良くなってるね!死ぬまでにやる事リストを更新するよ、BAND-MAIDのライブを絶対見なきゃ!」

 

「アップロードありがとう!サウンドも動画も素晴らしい!8ヶ月このバンドを見てきたけど、良くなってるね!ミサがもはや無口なプレイヤーではなく、”ダンシングベースロックスター”に変貌していて驚いたよ!このグループには多くのタレントがいるね。彼女たちのツアーをいつか見たいけど、USツアーはないかもな」
 
「もう3回見た!耳から耳まで届く位の笑顔でね!最後にかなみがギターを置いたと同時に、ギタリストモードからキュートなバレリーナモードでステージから去るのを見るのが大好きだ!まだまだ満足出来ない!見たいよ!ライブを絶対生で見ようと思う!」

 

広告を非表示にする

「BAND-MAID」×「DOLL$BOXX」

自分は基本的に一つのバンドをじっくり応援するタイプ

ゆえに、基本「対バン」とか「フェス」なんかには興味がない・・

 

が、唯一今のBAND-MAIDと対バンあったら面白いなと思うのが

 

DOLL$BOXX(ドールズボックス)である

www.youtube.com

実を言うと、ドル箱はyoutubeで「Take My Chance」のMVを観て、楽曲のユニークさとオリジナリティ、ドラムスはなのど迫力、ヴォーカルFukiのハイトーンヴォイスに圧倒されたんだよね

 

自分が観た時には、すでにドル箱は期間限定ユニットのため解散していて、つくづく残念に思ったものだった・・

 

その後Fukiはソロデビュー、バンドはがチャリックスピンとして、それぞれ別の道で活躍していたんだけど、根強いファンの声に応えて、この度再結成となったようである

 

んで、メンバーはこちら

f:id:lovebandmaid:20171116202132p:plain

オレオレオナ(Key),F チョッパー KOGA(B) FUKI(Vo)TOMO-ZO(G)、はな(Dr)  http://dollsboxx.com/

BAND-MAIDとBABYMETALでは、ハードロックとヘヴィメタ、バンドとアイドルで、

ジャンルも違えば、観客動員数でも戦力に違いがありすぎて、比較するにも無理がある

 

ドル箱の場合は、同じハードロックだし、ツアーの動員数も500〜1200名キャパのハコが中心なので、比較対象としてはぴったりだ 

 

唯一の違いは、ドル箱にはキーボードがいる位で、両者ともツィンヴォーカルだし、メンバーも女性5名、年齢的にも似たり寄ったり

 

まあ実現はしないと思うが、もし対バンがあったら見たい

 

1,彩姫 VS   FUKI     

上手さではFUKIが圧倒的、しかし彩ちゃんの世界感も捨てがたい

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQF9Gjn2T_4O2fDGoTMnn0_UqaiJYFriefTvJBpcy1boyPThXi_         https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQWGNVx77RbQksJejakz-2tcUz2A-cScKE3u0zU8mv9gpEHqiev

 

2、MISA    VS    チョッパーKOGA

シブさ VS  童顔 個性の違いを楽しむべし

 

http://natalie.mu/images/music/ja/sp-bandmaid03/photo06s.jpg        f:id:lovebandmaid:20171116204714p:plain

 

3、KANAMI   VS  TOMO-ZO

ここは、KANAMIが圧勝だろうな

https://scontent-yyz1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/19379993_429874147394673_1460243736238751744_n.jpg     f:id:lovebandmaid:20171116212214p:plain

 4、茜  VS      はな

ゴリラ VS    猛獣? の仁義なきパワー対決!!

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSll1UDXjZE0cvotFq7oC5lp4Gy3puJJ8jfJSYUr3XRHf7tfFzsZQ   https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT4yZZr76KGa5_CvN7oLHmK4RG_EYGgLKPSvKMlO44jyMQoWxVW2A

 

・・・・・小鳩の枠はあえて比較するなら、がチャリックスピンのパフォーマーさんとの対決か?(笑)

 

演奏力に定評があり、共に海外にも熱狂的なファンを持つ2組。

 

ここはどっちがいいとか悪いとか言うのは野暮というもの

 

日本の音楽界のためにも、良きライバルとして共に生き残ってもらいたいもんだね

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 「2018年のBAND-MAIDに期待するもの」

今年も残すところ後少し・・まだ国内での御給仕が残っているものの、一足先に来年からのBAND-MAIDを予想してみる

 

1・新アルバム発表

2・御給仕のハコが大きくなる

3・メジャーな露出が増える(地上波TV進出?)

 

まあこの辺は鉄板だよな

 

逆に予想がつかないのは、楽曲の方向性

 

「Choose me」と「One and only」 

この2曲を見る限り、なにやらPOP路線に向かっているように思えるが、ハード路線を捨てるとも思えんし・・何より「Daydreaming」の前にピアノを入れて来たりと実に様々な可能性があるんだよな

 

みんちょの引き出しにはまだまだ色々とやりたいことが詰まっているようだし、こちらの予想を上まる良曲を期待したい♬

 

何しろBAND-MAIDは捨て曲がない奇跡のバンドなのだから・・・

 

個人的にはこんな御給仕がみてみたいw ↓

 

・アコースティックナイト

・ハード系ゴリゴリナイト(おまじない・MCなし)

・MADE IN JAPANナイト(made in japanを今のバンメの新しいアレンジで聴きたい!)

 

こういういろんな御給仕ができるのも、音楽性の広いバンメならではだと思うんだよね

 

前にやったご主人様限定・お嬢様限定御給仕も面白いが、ファンの属性で分けるにはファンの母数が一定数必要になるので、むしろバンメには音楽性でわけた御給仕の方が向いていると思う

 

そして2018年はもっともっと大きいハコを経験してもらいたい

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID Zeche Bochum 05.11.2017(Full)

www.youtube.com

 

 Zeche Bochum 05.11.2017 フルバージョン

 

消されないうちに楽しむべし♬

01. Choose Me - 00:00:22

02. Don't You Tell Me - 00:04:01

03. You - 00:07:09

04. Moratorium - 00:10:58

05. Puzzle - 00:15:15

06. Miku Greets the Audience - 00:19:58

07. Freedom - 00:20:42

08. So, What? - 00:24:30

09. Unfair game - 00:28:22

10. Cross - 00:32:19

11. matchless GUM - 00:36:03

12. Awkward - 00:39:19

13. Daydreaming - 00:43:37

14. YOLO - 00:48:29

15. Alone - 00:52:43

16. Moe Moe! Kyun Kyun! - 00:56:39

17. One and Only - 00:59:25

18. REAL EXISTENCE - 01:03:00

19. Take me higher!! - 01:07:25

20. Play - 01:10:39

21. secret My lips - 01:14:31

22. the non-fiction days - 01:18:41

 

広告を非表示にする

BAND-MAID「ワールドツアー ”Play" 楽器隊アレンジバージョン」

www.youtube.com

 

先日のドイツZeche Bochumでの御給仕で、「Play」のイントロアレンジバージョンを発見!!

 

初めにミサのベース(大歓声!)そこに茜のドラムとかなみのギターがかぶさる

 

時間にするとほんの25秒なのだが、めっちゃカッコイイではないか!!

 

海外のご主人様も大喜びだ!!自然に手拍子も!!

 

新木場では25秒と言わず、、最低でも3分はお願いしたい!!

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID「音楽ナタリーインタビュー ”このバンドもう終わりかな」って思ったことはありますっぽ” by 小鳩ミク」

f:id:lovebandmaid:20171108203454p:plain

natalie.mu

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音楽ナタリーによるBAND-MAID 小鳩ミク、tricot 中嶋イッキュウ、あいくれ ゆきみによる女子バンド居酒屋対談「バンドがネクストレベルへ上がるとき」

 

てっきり女子会のノリかと思いきや、意外にも真面目なトークだったw

 

▼個人的注目点はコチラ(※赤字はブログ主によるもの)

 

「バンドを辞めたいと思ったことはあるか?」という質問に対する小鳩の答え  ↓

 

辞めたいと言うか「このバンド、もう終わりかな」って思ったことはありますっぽ。

 

BAND-MAIDってもともと小鳩が「メイドの格好をしてカッコいい音楽をする」というコンセプトのバンドを作りたいと思って、メンバーが集まってっていう始まりなんですけど、

 

果たしてカッコいい音楽とはなんだろうということに悩んで、初めの2年くらいふわふわしてたんですっぽ。

 

提供していただいた曲を演奏していたということもあって、自分たちの中でのBAND-MAID像が定まらなくて。その間はずっと「続けていけるのかな」と思ってましたっぽ。

 

そんなときに「Thrill」っていう曲ができて、自分たちでしっくりきたんです。その曲はシングルのカップリング曲だったんですけど、

 

「この曲(Thrill)でダメだったら終わりにしよう」くらいの気持ちで、ミュージックビデオを作ったんですっぽ。"

   ※インタビュー全文はコチラから

 

やはり「Thrill」はBAND-MAIDにとってエポックメイキングになった曲だったのだな

 

彩姫が入って現在のBAND-MAIDになったのが2013・8 そこから2年ぐらいのふわふわ時代というと・・・

 

2014・1「MADE IN JAPAN」リリース

2014・2「初ワンマンショー」渋谷Milkyway

2014・8「愛と情熱のマタドール」発売

2014・11「Thrill」MV発表

2015・7 ワンマン御給仕 渋谷eggman

2015・11「New Beginning」リリース

 

2016年からは名古屋・大阪の御給仕がソールドアウトしたり、サクラコンで初の海外御給仕をしたり、「Brand New MAID」をリリースしたりと波に乗り始めるのだが、それまでの2年間は人知れず苦しかったんだろうな・・

 

しかーし!

 

今やそんな時代もあったよね?的な堂々たる海外御給仕2017ですよ!!

 

もうファンカム多すぎて追いきれないからUPしないけど(笑)

本当に今回の海外御給仕は繰り返すが、去年とは別レベルだ  

 

こうなると新木場が本当に楽しみだな

 

自分の予想としては、

 

新木場で新しい曲の発表があるような気もするのだが??

 

(「One and only」が新曲になるのか?・・でもMVないよな??)

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 「ワールドツアー独 Zeche, Bochum - 5. November 2017」

▼「YOLO」

www.youtube.com

 

▼「Secret my lips」

www.youtube.com

 

▼「matchless GUM」

www.youtube.com

 

▼「Dont you tell me」

www.youtube.com

 

▼「Alone」

www.youtube.com

▼「puzzle」

www.youtube.com

 

▼「Cross」

www.youtube.com

 

▼「Daydreaming」

www.youtube.com

 

▼「non-fictiondays」

www.youtube.com

怒涛のスケジュールで更新が追いつかん!!(苦笑)

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 「仏 La Boule Noire 11月4日(土) セットリスト」

▼「Choose me」「Dont you tell me」5:09〜「You」の前に茜のドラムソロが少しだけある

www.youtube.com

 ▼おまじないタイム〜「One and only」「REAL EXISTENSE」

5:48~茜のドラムソロ少しあり

www.youtube.com

▼「REAL EXISTENSE」

ja-jp.facebook.com

▼「Play」

https://ja-jp.facebook.com/100009165555811/videos/2013267802322052/

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

La Boule Noireはキャパ200とあって、早々にソールドアウトしていた

まあ当然だよな

 

フランスは親日感情も高いところだし、もともと日本のサブカルが人気な場所だから、もうちょいデカイ箱でもいけたんじゃ?

 

んで、セットリスト

 

Choose me
Don't you tell ME
you.
Moratorium
Puzzle
FREEDOM
So, what?
Unfair game
CROSS
Matchless GUM
Awkward
Daydreaming
YOLO
alone
One and only
REAL EXISTENCE
Take me higher!!
Play
secret My lips
the non-fiction days

 

セットリストを見る限り「攻めてるな!!」って感じだ

 

・公式MV曲は少なめ

・「Just Bring It」からの楽曲が多い

・モラトリアム、アンフェアゲーム、マッチレスガム、 Playなどゴリゴリ路線

 

海外のご主人様の好みをより反映したセットリストからも、2016からの成長ぶりがかいま見えるし、海外で人気が高い「Thrill」を外した点からも、メンバーたちの自信を感じるな

 

ともあれ、仏御給仕も大成功だったようで何より!

次はドイツだ!!

広告を非表示にする

BAND-MAID 「イギリスのご主人様の反応は?」

f:id:lovebandmaid:20171105224250p:plain

www.barks.jp

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

o2 Islington Academy(英) での御給仕に関する反応をピックアップしてみた(youtubeコメント欄より抜粋)

 

(※グーグル翻訳のため100%正確ではありません 雰囲気をつかんでください)

 

「私の好きな2曲”モラトリアム”と”Play"はYouTubeでなかなか見られない。BAND-MAIDはギグ全体が素晴らしいんだ。チャンスがあれば見に行くべきだよ。笑顔で最高のドラムを叩き続けた茜には特に感謝したい!」


「この会場にいたよ!!このバンドはもっと大きな会場にでやるべきだ。彼女らは輝いていた!



「彩姫が、ポリープ手術後間も無く戻ってきたので、心配していましたが、彼女はうまく歌っているように見えたし、ライブを楽しんでいたよ。」

 

「素晴らしいショーだった!」

 
「上からのアングルがいいね。全員がよく見える!」

 
「素晴らしいショーだった。彼らがすぐにまた来るよう願ってるよ。」

 

「シェアしてくれてありがとう。この映像でバンド全体のダイナミックな演奏を見ることができた。Akaneの腕前と動きを見られて嬉しいよ。彼女はハードな演奏をするけど、エレガントに見えるよ。それは殆どのロックドラマーにとって「当たり前のこと」ではない。彼女はすごい。」

 「これは貴重なアングルな上に曲も最近のものだ。アップロードありがとう。」

「素晴らしい動画」

「ライブはとても素晴らしいものでした!! 次が待ちきれないよ!」

 「すばらしい。裸足のMISAがこの角度ではっきり見える。緑の舞台照明が適切だとは思わないけど、すごい!!」

 

・・・・・・・・・・・

御給仕の興奮冷めやらぬご主人様のコメントが嬉しいよな

 

イギリスでの御給仕は3回目ということで、一定数の固定ファンはつかんでいるようだ。YOUとかモラトリアムといったアルバム曲でもしっかり盛り上がっていたのはすごい。しかも日本語で。

 

アルバムをしっかり聴き込んでいるファンは本物だし離れない

 

f:id:lovebandmaid:20171105231850p:plain

▲Meet&Greetに臨むBAND-MAID(BARKSより抜粋)

 

海外といえば、こういうサイン会や握手会があるのだな・・裏山

日本でもVIPチケット売ればいいのに・・

広告を非表示にする

BAND-MAID「ワールドツアー O2 Academy Islington(英)は熱かった?!」

BAND-MAID WORLD TUR 2017

 Burn! Burn!BAND-MAID Moe Moe Cune

(海外ワンマンお給仕ツアー)
11月3日(金)イギリス・ロンドン:O2 Academy Islingtonでのファンカム映像をyoutube

から拾ってみた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1▼「Daydreaming」

www.youtube.com

www.youtube.com

 

2▼「Awkward」

www.youtube.com

3▼「you」

www.youtube.com

4▼「Take me Higher!」

www.youtube.com

5▼「Dont You Tell ME」

www.youtube.com

6▼「モラトリアム」「Play」

www.youtube.com

・・・・・・・・・・・・・・・

O2 Academy Islingtonのキャパは800だが、ソールドはしなかったものの、そこそこ埋まったようだ。アルバム曲を一緒に口ずさんでいるご主人様が多いのも印象的だった

 

動画を見ての感想

 

・彩ちゃんの声は明らかに手術後高音の伸びが良くなっている

・去年2016の御給仕とはレベルが違う 貫禄すら感じる

・楽曲の充実ぶりが素晴らしい

 

個人的に注目したのが、「モラトリアム」〜「Play」の盛り上がりですよ♬

 

やはり「Play」はもっと御給仕ではロングバージョンにして、楽器隊暴れまくりの中盤インストバージョンをやるべきだと思う  

 

お前個人の好みだろ?と言うなかれ、、なぜなら、

 

この「モラトリアム」〜「Play」の動画だけが、他の動画よりも一ケタ再生回数が多いのだ!!

 

BAND-MAIDは確か前に「Thrill」の後釜として「ORDER」を作ったと言っていたが、「Thrill」にとって変われるのはこの「Play」ではないだろうか?やはりMVを作るべきと思うがなあ(・・しつこいw)

 

そして新曲?の「One and only」

www.youtube.com

 

うーん、ボーカルメインのポップ路線ですな。あんまり・・・(爆)

 

この曲については日本での御給仕で既に演奏されているのにもかかわらず、あんまり良い感想が出てなかったので、期待していなかったのだが、どうやら自分の好みではないようだ・・・(イントロでピンとこないものは大体好きにならない)

 

まあ、「Choose me」路線なのかな?

 

ところで、BAND-MAIDには今後もっと大きな会場を中心にやってもらいたい

 

というのも、6番目の動画では、ミサがステージの中央まで移動しながらベースを演奏しているんだが、

 

「めっちゃかっこいいのだよ♬(惚れた・・)」

 

自分としてはミサとかなみの二人が近づいたり、場合によっては場所をチェンジしたりともっと縦横無尽に動いてもらいたいのだ(妄想)

 

ともあれヨーロッパ第一弾御給仕は順調にスタート!

 

次は11月4日(土)フランス・パリ: La Boule Noire

キャパは200と少ないが、昨年も御給仕をやった場所でもあり、動画を見る限り、かなり盛り上がっていたので、今年はさらに期待大だ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 「ファンは増えてる??増えてない??」

ワールドツアーも始まり、いよいよワンマンツアーも佳境に入ってきた

 

「絶好調!!」と言いたいところだが、

 

今の所、SOLD OUTしたのは、初日の札幌と最終の新木場の2箇所のみである・・

 

夏フェスでは6,000人規模の集客もあったBAND-MAID その勢いのままワンマンツアーに入り、”最高の流れ”と思ったのだが、、、

 

こうなるとある一つの疑問が頭をよぎってくる、、それは

 

「実のところ、ファンは増えているのか?いないのか?」

 

youtubeの再生回数を見てみよう

 

「Choose me」はBAND-MAID史上最速で、100万回を突破した。現在も勢いは衰えず、チャンネル登録数も着実に増えている(12,8万人)

 

一方、最大キャパ2400名の新木場が早々にsoldし、追加公演が決まったものの、札幌以外の地方公演は7〜8割の入り、、う〜ん、人気があるんだかないんだか、ますますわからんなw

 

、、、結論(⇦ムリヤリw)

 

「ファンは着実に増えている」

 

、、、が、ファンが期待する爆発的な勢いではなく、じわじわ、、(爆)

 

ファンの欲目で見れば、BAND-MAIDスゲエ!!って言いたいんだけど、メジャーというにはぶっちゃけまだまだである

 

しかし、落ち込む必要はない

 

あーちゃんとミサという最強のリズム隊を抱え、かなみんちょのコンポーザーとしての能力も充分(しかもまだ完全には開花していない気がする!)

彩ちゃんのボーカルも安定してきているし、小鳩ミクという華もある。

 

実力は充分なのだ

 

となるとあとは「タイミング」

 

某もう一つのBMさんの所のように、事務所の潤沢な予算とプロのスキルを惜しみなく注ぎ込んでもらえたら、、と妄想してもしょうがない あちらさんとは、事務所の規模も資金も違うのだ(プラチナムさんごめん)

 

逆に言えば、BAND-MAID「実力だけ」でここまで来ているのだ!

 

ファンとしてはやきもきしつつ、じっくり「その時」を待つとしよう

 

(おそらくそれほど先ではない・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 「2017 WORLD TOUR が始まった!」

f:id:lovebandmaid:20171025001345p:plain

10月22日の台湾を皮切りに、いよいよBAND-MAID のワールドツアー2017が始まった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日遂に始まった ワールドツアー1箇所目! 台湾!!✨ 沢山のご主人様お嬢様のご帰宅 本当に嬉しかったっぽ! ハプニングもあって大変でしたが 皆様に楽しんで いただけましたでしょうかっぽ?? 小鳩はすっごく楽しかったっぽ! 誕生日もお祝いありがとうっぽ! 謝謝、下次見っぽ🕊!!

 

台湾の皆さんありがとう お給仕サイコーで感激でした またお会いしましょう 東京帰ります

 

  10月22日

今天非常謝謝各位主人, 大小姐們回家, 見到大家真的超級開心的, 希望我們能再快點的回來台灣和大家見面! 我愛台灣💞💞

 

台湾さいこう。 本当にありがとうございました。 感謝。謝謝。再来!!

 

感謝台灣的大家!! 三度目の台湾!台湾でワンマンお給仕出来た事がとても嬉しいです😊❣ 途中びっくりハプニングもあったけど、これぞまさに生のライブ感!って感じでめちゃくちゃワクワクした!!! 本当にありがとうー!!!! 謝謝大家如此暖心的來迎接我們!我們會再回來!😊👋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

途中電源が落ちるアクシデントがあったようだが、台湾のご主人様の暖かいフォローがあり、かえって盛り上がった様子。さすが台湾!

 

早速BARKSに台湾御給仕のレポートが出ているのだが、台湾だけあって

ものすごい飯テロ感(爆)!!

 

ヨダレとともに中華料理が食べたくなったのは自分だけではあるまいて・・

 

・・・・・・・・・・・・以下BARKSより抜粋 

f:id:lovebandmaid:20171025003114p:plain

▲メンバーで食べた小籠包と台湾風オムレツ

f:id:lovebandmaid:20171025003202p:plain

▲打ち上げで食べた台湾料理

 

いや、御給仕の話だったな・・笑

自分的な注目点はこの写真!!小鳩とカナミンちょのシンクロ!!かっこいいぞ!!

ギターヒロインは一人でいいが、小鳩のギターテクが上達するならそれはそれで面白いことになるだろうな・・

f:id:lovebandmaid:20171025004105p:plain▲シンクロするツインギター(KANAMI / 小鳩ミク)

 

スペイン御給仕が政情不安のせい?で中止になったのは残念だったが、ワールドツアーとくれば、ファンカム映像が密かな楽しみなのだが、昨今BAND-MAIDの御給仕映像には厳しい制限がかかっている様子・・はてさてどうなるやら?!

 

www.barks.jp

 

広告を非表示にする

BAND-MAID「大阪 味園ユニバース御給仕(ライブ)」は熱かった?!

f:id:lovebandmaid:20171015012844p:plain

photo by

燃えるの?萌えないの?どっちなの?!day6 2017.10.12🕊 さすが大阪!激しかったっぽ!熱い燃え萌え感謝っぽ🕊

 

あー楽しい大阪の夜が終わりましたー 大阪は母の実家があるってのもあるし 幼少期はわたしも住んでたことあるの なので そんな濃ゆい思い出がある土地で何回もお給仕出来てるのは嬉しくて何回目でも新しい思い出をいっぱいにしてくれる皆さんにも感謝 本当に大阪だけじゃなく日本のみんな最高だよ

 

☆お給仕TOUR Autumn-Winter 2017☆@大阪 味園ユニバース ご帰宅いただきありがとうございました(*´꒳`*) 会場も雰囲気があって楽しすぎて… 最初の方から我を忘れて楽しんでしまいました( ゚ω゚)✨✨ はわあ…楽し過ぎたあ…… 大阪最高!!!

 

大阪味園ユニバース最高 ありがとうございました!!!! 本当にありがとう。

 

大阪 味園ユニバースありがとうございました!! ユニバースの雰囲気が良過ぎてリハからテンション上がりまくりました👯✨ 本番なんてもっとやばい!!! 大阪は来る度にフロアの熱量が増してるので最高です🔥 燃えたわ~!!!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回のワンマンツアーは全会場ソールドとはいかない様だが、メンバーのヤル気&会場の熱気はどうやら回を重ねるごとに熱くなっている様子

 

特に彩ちゃんのボーカルを褒めるコメントが多くて、結果論だがポリープ手術が良い方向に影響した様で、何よりだよな

 

その彩ちゃんだが、最近ツィッターでのコメントが変わってきたなーと感じる

何というか以前のような醒めている感じがなくなって、やる気を前面に出す様になってきたなと・・

 

BAND-MAIDがどこまで売れるかは、ボーカルの彩ちゃんにかかっていると思っているので、それには御給仕で醒めている余裕などないのだ

 

もっともっとアッツくなってもらいたい!!!

 

カナミンちょのコメント→「最初の方から我を忘れて・・」

ってww さすが、御給仕になると豹変ぶりが尋常じゃないカナミンちょならではだよねw

 

いよいよ御給仕ツアーも後半戦

 

来月の新木場が楽しみだ!!!

 
広告を非表示にする

BAMD-MAID 「ファン層を分析してみる」

f:id:lovebandmaid:20171013233730p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BAND-MAIDのファンには、大まかに4パターンあるように思う(あくまで私見)

 

1、ハードロック・メタル好きの40代〜50代

2、BABYMETALファン

3、youtubeで公式MVを見てファンになる20代・30代

4、自分もバンドを組んでいる・あるいは楽器を演奏する人

 

ちなみに自分は1である(ただしメタルには興味なし)

 

御給仕にきているファンを観察する限り、現時点では1のハードロック・メタル好きの40代位のファンが一番多いように思うが、次点は意外にもBABYMETALファン、いわゆるメイトさんである

 

これはまあ、一時期何かとBABYMETALとBAND-MAIDが比較されることが多かったり、youtubeのオススメ動画でBABYMETALの次に、BAND-MAIDが紹介される事が原因だろうな・・

 

演奏力のあるBAND-MAIDらしい特徴が、4の自分でもバンドを組んでいるご主人様や楽器を演奏するご主人様が意外に多いところだな

 

youtubeでも国内・海外の色んな人がBAND-MAIDのカバーをUPしている

 

言い換えると、現時点でのBAND-MAIDは、玄人好みというか、やはりまだまだ

 

「知る人ぞ知る」

 

バンドなのだな

 

夏のフェスで初めてBAND-MAIDを観た人や、pop色を強めた楽曲「Daydreaming/Choose me」で、今後3の若いファン・新しいファンをどれだけ増やしていけるかが、BAND-MAIDブレイクのカギとなりそうだ

 

新木場2400人 SOLDに続き、Zepp Diver City TOKYO(キャパ2473人)が果たしてSOLD出来るのか?

 

注目!!

 

海外のご主人様のカバーではこの方がお気に入り ↓

 

www.youtube.com

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(お知らせ)

※自分が行けない地方の御給仕レポを、引用元を明記・リンクを貼った上で、感謝のコメントと共に掲載しておりましたが、UP主様で掲載を不快に感じられた方がおられたようなので、該当記事を2つばかり削除しました 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

BAND-MAID 「海外でウケる要素とは?」

日本人アーティストと多数契約をしているイギリス「JPU Records」のCEO トム・スミス氏のインタビューの中でBAND-MAIDへの言及があったので掲載しておく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

https://www.musicman-net.com/sites/default/files/2017-08/1280_33.jpg

日本音楽の海外進出を目的とした「第14回東京国際ミュージック・マーケット(14th TIMM)」が、今年も10月23日〜25日の3日間、渋谷を中心に開催される。100名以上の海外バイヤーが来日する商談会のほか、ショーケースライブ、ビジネス・セミナーが行われ、毎年多くの音楽関係者が来場者する。この国際音楽マーケットに過去3回参加し、数多くの日本人アーティストと契約をしているイギリス「JPU Records」のCEO トム・スミス氏に、TIMMへの参加がどのような成果に結びついたのか、お話を伺った。

www.musicman-net.com

 

 ・・・・・( BAND-MAIDの部分のみ抜粋・太字はブログ主のよるもの)・・・・・・・

 

 ーー ジャンルが幅広いですね。そもそも、なぜアジアのアーティストを扱おうと思ったのでしょうか?

 

トム:以前、「Neo Magazine(ネオ・マガジン)」というイギリスのアジア・ポップ・カルチャー雑誌のライターをしていたので、それがきっかけで日本の音楽を聴くようになりました。一度日本人アーティストについて記事を書いたときに読者から大きな反響があり、次の号からは毎月日本の音楽について書くことになりました。それから日本のレコードレーベルとも頻繁に連絡を取るようになりました。

 

ーー 特に人気のあったジャンルはなんでしょうか?

 

トム:10年前はビジュアル系が人気でした。今はSCANDALBAND-MAIDなどのガールズバンドが人気ですね。アイドルは日本ほどの人気はないですが、例えば妄想キャリブレーションは、先日行われた「HYPER JAPAN」に出演して、CDがすぐに完売しました。彼女たちは典型的なアイドルというよりは、EDMをベースにした楽曲なので、ヨーロッパの人に受け入れられやすいんだと思います。このように、まずは楽曲が最も大事でビジュアルは付加価値でしかないんです。

 

ーー トムさんがアーティストと契約するときは何を判断基準にしているんでしょうか?

 

トム:典型的なJポップはすぐにイギリスの人には受け入れられませんが、BABYMETALやBAND-MAIDのようにアイドルとメタルやロックを融合したものだと、元々ロックやメタルを聴いているので受け入れられやすいですね。先ほどの妄想キャリブレーションもそうですし、ヨーロッパの人に受け入れられやすい音楽かどうかで判断しています。あとは他のアーティストにはない特徴を持っていることですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引用ここまで

 

注目点は主に2つ

 

・楽曲が最も大事でビジュアルは2の次

・他のアーティストにはない特徴があること

 

・・・なるへそ

 

要はヨーロッパでファンを獲得するためには、まずは「楽曲の良くて演奏力があり、さらに他にはない個性が必要」ということだな。

 

日本のように若さを売りにしたアイドル文化があまりないためか、シンプルに実力主義っていうのは気持ちいいよな

 

それと、BAND-MAIDのメイド要素というのは、海外においてはより重要なセールスポイントになっていると再確認

 

メイド服を着ているから、日本カルチャー系のイベントにも呼ばれるし、注目され、取材されやすくもなる

 

これがただの「女性5人の本格的ハードロックバンド」であったら、、、おそらく今頃はもう解散となっていたかもしれない・・

 

やはりBAND-MAIDにメイド服は必要だ

 

(※去年のTIMMの動画 BAND-MAIDは3:10〜)

www.youtube.com

 

 P.S. 特定の記事にアクセスが多いので「?」と思っていたら、当ブログを紹介してくださったご主人様がいた様子 この場を借りて御礼申し上げますm(-   -)m

 

 

 

広告を非表示にする